相続するにはきちんとした手続きが必要になる

基本的な仕組み

家族信託とは、家族が高齢化して認知症になったり、判断能力を失ったりした場合に、その息子や娘などに財産管理を託す制度です。家族信託を行う際には、契約書を作成して書面に残す必要があります。また、遺言書として残すことも可能です。

専門家の力を借りよう

福岡で相続問題に悩んでいるなら、早めに弁護士に相談しましょう。特に不動産の遺産は分割が難しい上にトラブルが発生しやすいので、素人で解決するのは困難です。早めに弁護士に相談すれば、時間に余裕を持って問題に対処することができます。

トラブル時の対処法

福岡県内では飲酒による交通事故が多く発生していますが、そのような場合に頼りになるのが弁護士です。特に事故処理を専門に扱っている事務所を日頃からピックアップしておくことで、何かあった時に素早く対応することができるでしょう。

10ヶ月以内に

メンズ

することが沢山ある

相続税は被相続人が亡くなったことを知った翌日から10ヶ月以内に、税務署に納めなくてはいけません。期限までに税金を納めるためには相続が発生してから3ヶ月以内に遺言書の有無や誰が法定相続人になっているか、どんな財産があるかを確認しておく必要があります。3ヶ月以内にこれらの作業をしておく必要があるのは、借金があった場合に備えてのことです。多額の借金が残されていても、3ヶ月以内に相続放棄や限定承認の手続きを取れば借金を背負わずにすみます。遺言書がある場合には法的に有効なものであるか確認するために家庭裁判所に提出して検認手続きを行い、遺言書がない場合には法定相続人全員でどのように財産を分けるか話しあったのち納得がいけば遺産分割協議書を作成します。不動産や株式などの名義変更手続きを行えば遺産分割は終了します。受け取った財産の価値に応じて相続税が発生する場合には、税務署に税金を納める手続きをします。遺産分割がスムーズに行えれば良いのですが、財産の中に不動産が多く分割しにくかったり、遺言書の内容に納得がいかない相続人がいた場合は10ヶ月以内に遺産分割協議がまとまらないこともあります。そうした時には相続財産を使うことができないので自分の財産から税金を納めなくてはいけなくなります。遺産分割や名義変更、納税の手続きには様々な書類を揃えなくてはいけない為、初めて行う場合には難しいことも少なくありません。弁護士や税理士などの助けをかりた方がスムーズに行えます。