相続するにはきちんとした手続きが必要になる

基本的な仕組み

男の人と女の人

家族に委託

家族信託は、家族が高齢化したときに、その財産管理などをほかの家族に託す制度です。家族信託の基本的な仕組みですが、父親が認知症になったり、判断能力を失ったりした場合に、その息子や娘に財産の管理などを託すことができます。財産には、土地や建物などの不動産、現金や有価証券といった資産があげられます。また、家族信託を行う場合には、誰に託すかが重要です。託す人を間違えると、家族の間でトラブルの原因となることもあるようです。家族信託と似ている制度に、「成年後見制度」があります。両者の違いですが、成年後見制度の方は、認知症などにかかり、判断能力が不十分な本人を守るための制度であり、ほかの家族が財産の管理を行ったり、資産の活用をしたりすることはできません。家族信託の方が、より自由度の高い制度です。家族信託の手続きですが、誰に託すかが決まったら、信託契約書を作成して書面に残す必要があります。口約束だけで委託することはできません。家族信託を、遺言書として残すことも可能です。自筆証書遺言でもかまいませんが、きちんと遺言の書式に沿って作成しないと、無効となってしまう場合があります。作成する際には、弁護士や司法書士などの専門家に依頼した方がよいでしょう。信託契約書を作成したら、公正役場で公正証書にします。財産に不動産がある場合は、登録免許税がかかります。また、弁護士や司法書士に依頼する場合には、書類の作成料などがかかります。